ソルトスプリングの画家(ジル・キャンベル)

先日のクラスで、アレンが「ソルトスプリング島にはたくさんのアーティストがいる」という話をしました。その一人、ジル・キャンベル(Jill Campbell)を紹介します♪

自然、海、そして旅

明るい色がちりばめられた自然を描き、心のビタミンとでも言える絵を描くジルは、旅を愛する人です。

夫のデュアートと一緒に、毎年、何ヶ月もかけて旅をします。

旅先での光景を、絵にするのです。

これまでに、フランス、イタリア、インド、チベット、アメリカ南西部、アイルランド、メキシコなどへ行ったときの作品を出しています。

とくにフランスが好きで、去年(2019年)にも、数ヶ月にわたって南フランスで過ごしていました。

海とともに生きる

海を愛する人で、昔からヨット乗りです。以前は、海の目の前の家に住み、頻繁にヨットに乗っていたそうです。

そのような家庭環境で育った娘さんのうち一人は、ヨットレースに出場したり、レース以外の時もヨット関係の仕事をする、ヨットのプロになりました。

(註:ヨットというのは、英語では sail boat と呼ばれる、帆で風を受けて航海する、エンジンのない船です。ボート (boat) というのは、エンジンのある船です。sail boat は風向きを読み、帆を揚げたり下ろしたり、帆の向きを変えたりと、かなりの習熟が必要です)

ジルとデュアートも、今でも、ボートで何泊かしたり、というミニ旅行をしています。

私とアレンも、彼女たちのボートに乗せてもらったことがあります。海に出るって、気持ちいいです!

ジルの作品の中でも、私が特に好きな「Tree House Cafe」という、カフェを描いた絵です。Tree House Cafeも、ジルのギャラリーも、ソルトスプリング島の中心街(downtown)にあります。

仲良しの友だちです

もともと、アレンとジルが仲良しでした。

数年前までは、島の南の端に住んでいて、北の方に住んでいる我が家からは遠くて、あまり会う機会がありませんでした。

(小さな島に住んでいると、10分以上、車に乗っていくところは「遠すぎて行かない」という気になってくるんです(苦笑))

それが、数年前にジルとデュアートが、車で3分くらいの近所に引っ越してきました!

それで、どちらかの家に相手を招いて、よく一緒に食事をするようになりました。

ジルの作品は、彼女のホームページの、Art Catalog (作品集)というメニューから、ご覧いただけます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
メールで送る
Share on print
印刷する