英語を話すオウム

ライブ英語クラスで、Hちゃんがアレンに「どうやったら動物と会話できますか?」という質問をしてくれました。

それに対するアレンの答えがなかなかよかったので(←自画自賛でスミマセンw)、いずれ動画をYouTubeに載せますね(編集に時間がかかっていてごめんなさい)

そのHちゃんとの会話の後、アレンが見つけた動画です。クラスの皆さんにご紹介するとお約束していたので、こちらに載せます。

オウムが、吠える犬に何か言ってますね。

何と言っているか、分かりますか?

1分弱ですので、まずはご覧ください。

STOP IT (やめろ!)と言ってます。

吠える犬に、「吠えるな!」と言ってるわけです(笑)。

そして、終わりごろ(50秒くらいのところ)では

GOOD BOY(いい子だ)と言っています。

どちらも、飼い主の口癖なんでしょうね(笑)

もう少し、英語の解説

Stop it! というのは、「やめて!」「やめろ!」という意味です。

それぞれの単語は、[stɑ́p] 、[ɪt] と発音しますが、会話では単語をぶつ切りに発音せず、滑らかに続けるため、

[stɑ́pɪt]

と聞こえます。

強い意味の言葉ですが、ふざけている相手に、軽く「やめてよぉ〜」という感じでも使えます。その時には、かわいげな声で言いましょう(笑)。

マジな声で言ったら、マジで深刻な感じがします。

日本語でもそうですが、「口調」は大切です♪

Good boy とか、Good girl というのは、犬などをほめるときに使います。

単語はそれぞれ、次のように発音します。
good [gúd]
boy [bɔ́ɪ]
girl [gɚ:l]

Enjoy learning English! (*^-^*)

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
メールで送る
Share on print
印刷する