ソルトスプリング島のファーマーズマーケット

ソルトスプリング島には、とても有名なファーマーズマーケット(農産物の市場)があります。

もともとは、農家の人が「今の時期、たくさん野菜がとれちゃった!買ってもらわないと、傷んじゃう」という感じで、その時に取れすぎたものを売りに来るところだったそうです。

今では、地元の人だけでなく、近くの都市、バンクーバーやビクトリアだけでなく、アメリカをふくめ色々な国から観光客がファーマーズ・マーケット目当てにやってきます。日本からの人も、たくさん見かけます。

アーティストの作品や、食べ物も

今でも、野菜や果物を売る農家の人がたくさん出店していますが、それ以外にも、アーティストが自分の作品を売ったり、「食べ物屋さん」がその場で食べたり、持ち帰ったりできる「ごはん」を売っていたりします。パン屋さんも、チーズ屋さんも、クッキー屋さんも、アイスクリーム屋さんもあります。フランス人がやっているフランス菓子屋さんもあります。

オーガニック農家がたくさん

ソルトスプリング島は、古くから(たぶん、今から50年くらい前から)、オーガニック、つまり農薬や化学肥料を使わないで、自然にやさしい、体に安全な農業がさかんでした。

農業をやっている全ての人がオーガニックなわけではありませんが、ここではオーガニックは「ふつう」のことです。

英語でなんという?

ファーマーズ・マーケットは、英語では次のように書きます。

farmers market

ライブ英語クラスを見てくれている人ならば、発音はカンタンです!

farmers [fɑ́ɚmɚz]

market [mɑ́ɚkɪt]

意味は、farmers が「農家の人たち」、market が「市場(いちば)」です。

farm をつかって、知ってる単語をふやそう!

farmer というのは、「農業をする人」という名詞です。

farm という言葉もあります。

farm には、名詞と動詞があります。

名詞farm は、「農場」という意味です。

動詞farm は、「農業をする」という意味です。これに「-er」をつけると「農業をする人(farmer)」という意味になります。

ちなみに、動詞(〜する)の後ろに「-er」をつけて、「〜する人」の意味になることがよくあります。

たとえば、write (書く) → writer (書く人)。日本語でも「ライター」っていいますね。

この単語の場合、Wは発音しないので、write は [rɑ́ɪt]、write は [rɑ́ɪtɚ] になります。

【おまけ】

「趣味の家庭菜園」のようなものは、farm とは言いません。farm は、本格的に農業をやっている時に使います。

「家庭菜園をやる」は、garden [gɑ́ɚdn] という動詞を使います。

gardenは、「お庭」という意味の、名詞としても使います。本格的な農業でない、「家庭菜園」は、「お庭」の延長という感じなのですね。

でも、この動詞 (garden) に「-er」をつけると、「家庭菜園をやる人」という意味ではなくて、「植木屋、庭師」という意味の名詞なります (^0^;)

発音は、予想できますか?

そう、さっきの garden [gɑ́ɚdn] の後ろに [ɚ]をつけて、[gɑ́ɚdnɚ]になります♪

market をつかって、知ってる単語をふやそう!

魚市場(うおいちば)

日本人になじみ深い「魚市場」は

fish market と言います。そのままですね。

フリマ(フリー・マーケット)

これは、時々まちがえて理解している日本人の人がいます。

「フリー・マーケット」(日本語で略すと「フリマ」ですが、「フリマ」という英単語はありません)は

flea market と書きます。「自由」という意味の単語、free を使った、free market ではありません。

どちらも、カタカナ読みすると「フリー」になりますが、LとRの違いがありますね。カタカナで覚えてしまうと区別がつきませんが、自分で発音し分けるのはカンタンです(聞き分ける方がムズカシイです)。

ですので、まずは L と R を自分で発音し分けられるようにしましょう。

ライブ英語クラスでは、何回にも分けて、ていねいに L と R の発音の違いを説明しています。この辺の動画からご覧いただくと良いと思います。

flea は、小さな虫「ノミ」という意味です。 

フリー・マーケットは、中古品を持ち寄る市場なので、「古いものがたくさんあって、いかにもノミが集まっていそう」というところから、flea market と呼ばれるようになりました。

日本でも「のみの市」と呼んだりもします。

発音は、[flɪ́:] です。

free market の「フリー」は、[frɪ́:]と発音します。

free は「自由」という意味がありますので、free market といえば自由市場という意味です。

ですが、「商売人ではなく、一般の人が、自分の持ち物を自由に売り買いするための市場(いちば)」という意味ではありません。

経済学の概念で、「政府などの規制がかからない、弱肉強食の、自由競争の市場」という意味になってしまいます。

フォニックス的、発音のコツ

flea も free も、母音は [ɪ́:] という音になります。

ea と書くときも、ee と書くときも、[ɪ́:] という発音になることが多いです。

EAの例: sea(海), pea (豆)

EEの例: see (見る), pee (おしっこ)

sea と see は、どちらも[sɪ́:] と発音しますし、

pea も pee も、どちらも [pɪ́:] と発音します。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
メールで送る
Share on print
印刷する