FranceとFrenchの関係

動画で French fries (フライドポテト)の発音を学んだので、ちょっと付け足して文法の説明をしますね。

いくつもの意味があるFrench

France というのは「フランス」という国の名前です。国を指しているので、名詞です。

それに対して、French というのは、名詞のときと、形容詞のときの、2種類あります。

Table of Contents

名詞の French

French を名詞で使うときには

「フランス語」という場合と

「フランス人」という意味があります。

たとえば、

I speak French. (私はフランス語を話します)

という場合の French は、「フランス語」という意味になります。

形容詞の French その1

形容詞としての French は

「フランスの〜」

「フランス人の〜」

「フランス語の〜」という意味になります。

形容詞というのは、たとえば「赤い」とか「背の高い」「古い」のような言葉で、名詞を説明する言葉です。

なので、形容詞としての French を使う例としては

French fries (”フランスの揚げ物”→フライドポテト)
French food (フランス料理)

のように、French + 【名詞】という感じで使います。

形容詞の French その2

French + 【名詞】という使い方に加えて

I am French. (私はフランス人です)のような使い方もあります。

これは、I = French (I イコール French)ということなので、「私はフランス人です」という意味になります。

この時の French も形容詞です♪

(ちょっと上級編の説明:もし、このような文で French が名詞だったら、

I am a French. と、「a」が入ります(^_-)-☆

けれども、「私は○○人です」という時は、普通は

I am [形容詞] 

という使い方をします)

その他の国名などなど

日本
Japan ← 国名
Japanese ← 日本語・日本人(名詞)、「日本の〜」(形容詞)

カナダ
Canada ← 国名
Canadian ← カナダ人(名詞)、「カナダの〜」(形容詞)

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
メールで送る
Share on print
印刷する